禅を実践する学校です。社会人、シニア、留学生、お坊さんを目指す人…。1学年25名の少人数ながら多彩な学生が、大家族のように学んでいます。
 
qrcode.png
http://shogen.ac.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 

正眼らいふ

   
過去のブログを見られたい方はコチラ


キャンパスの様子や出来事をお知らせ致します
 

正眼らいふ

正眼らいふ
フォーム
 
看脚下
2013-04-01
本日4月1日、平成25年度春学期入学式が行われ、
新入生10名を迎えることができました。
今年は桜が早く咲き、ちょうど良く満開になりました

学長祝辞にて、「看脚下」(脚下を看よ)と言われました。
これからの授業や寮での生活など、
今までと違う環境、人間関係の中で戸惑うこともあるかもしれませんが
地に足を付けて、着実に自分の力にしてほしいと思います。

在校生の皆さん、教職員一同も
気分を新たに新学期がんばりましょう

 写真は新入生挨拶の様子です。

 
岐阜セミナー発会記念講演会 終了しました
2013-02-27
載せるのが遅くなってしまいました。

2月25日、岐阜グランドホテルにて、
正眼短期大学 禅セミナー in ぎふ 発会記念講演会 開催いたしました。

300名を超す方々にご来場いただきました。
ありがとうございました。

美濃加茂・名古屋・東京でセミナーを開催していますが、
岐阜会場でも開催となり、今回の記念講演会となりました。
25年度の岐阜セミナーは、6/29(土)・10/5(土)を予定しています。
今後も宜しくお願い致します。


記念講演会では
学長が最新著書より、「生きる」の演題で講演をした他、
大阪芸術大学学術博士 志村哲先生による尺八の演奏と
奥村陽子先生・兼松正直先生による、アルパとエレクトーンの演奏がありました。
また、昼食をはさんで
ご来場の皆さまから頂いた質問に学長が答える形式でのトークタイムもありました。

写真は左から、尺八演奏、アルパ・エレクトーン演奏、
終了後に会場の外でお見送りする学長
です。
 
平成24年度春学期学位授与式
2013-02-19
昨日2月18日、本学講堂にて春学期卒業式が行われました。

御詠歌クラブの演奏のあと、開式となり般若心経読経、
卒業生に学位記が授与されました。
学長祝辞、御来賓祝辞、送辞答辞等と続き、
校歌斉唱し閉式となりました。

あいにくの冷たい雨が降る中でしたが、
卒業生13名、堂々と巣立って行かれました。

年齢層も幅広い13名ですので、今後の生活は様々かと思います。
学長が祝辞で、
苦しいこと、辛い試練も「ありがとう」という気持ちで受けなさいと言われました。
僧堂での厳しい修行、
または社会や家庭での厳しい修行、
どちらにしても正眼短大での日々を糧に頑張ってくれることでしょう。

卒業生の皆様のご健康とご活躍をお祈りいたします。


集合写真は卒業生に配布しましたが
上にアップした写真は4回撮ったうちの4回目で、
砕けすぎてしまったためボツになったものです。
いい笑顔が咲いています
 
涅槃会がありました
2013-02-13
本日2/13のお昼休みに、涅槃会(ねはんえ)の法要がありました。
学生のほとんどが、ヒューマンケアの実習のため不在でしたので、
少々寂しい様子でしたが
御詠歌クラブの演奏に続き、般若心経をあげ、学長のお話を聞きました。
お焼香をしてお供えのお菓子をお持ち帰りです。
涅槃図(お釈迦様の御臨終を描いた絵)は、プロジェクターで投影して代用しています。

短大は定期試験も終わり、卒業・春休みまであと5日となりました。
昨夜も雪が降り、まだまだ寒い日が続きますが
月日は着実に流れています。
 
あじさい看護福祉専門学校で山川学長が講演
2013-01-24
昨日1月23日、あじさい看護福祉専門学校にて、
昨年結んだ教育連携協定の記念として
山川学長の講演がありました。

病は不自信にありと題しての講演で
あじさい看護学校の学生さん約180人が聴講されました。

180人というと、本学の全学生の4倍ぐらいです


昨年の協定締結の時にも書きましたが、
医療の場でも、お坊さんでも、
また毎日の生活の中でも
人との関わりで大切なのは心だと思います。
「大事なことを見失わずに」人と接し、生きていけるよう
心に留めておきたいと思います。

<<学校法人正眼短期大学>> 〒505-0008 岐阜県美濃加茂市伊深町876-10 TEL:0574-29-1372 FAX:0574-29-1320