禅を実践する学校です。社会人、シニア、留学生、お坊さんを目指す人…。1学年25名の少人数ながら多彩な学生が、大家族のように学んでいます。
 
qrcode.png
http://shogen.ac.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 

正眼らいふ

   
過去のブログを見られたい方はコチラ


キャンパスの様子や出来事をお知らせ致します
 

正眼らいふ

正眼らいふ
フォーム
 
地域連携意見交換会
2016-05-27
5/26(木)午後、美濃加茂市と伊深町と正眼短期大学の地域連携意見交換会が行われました。
美濃加茂市とは地域連携協定に基づき、これまでも交流をしてきましたが、
新校舎の完成を機に、公開講座や施設の開放など、より連携を密にし、
地域に根差した短大、地域に愛される短大を目指していきます。
市や町の中で、短大として何ができるか、地域の皆様の意見をお伺いしたいと、
交流会の場を設けました。
今後もこのような会を続けていけると良いと考えています。
ご出席いただきました、美濃加茂市長はじめ、市職員の方々、伊深町の有識者の皆さま、
今後ともよろしくお願い申し上げます。
 
 交流会に先立って、光徳禅文化棟と逸外記念図書館の見学もしていただきました。
急ぎのスケジュールでしたので、またゆっくり見ていただければと思います。
 
茶道部の学生さん、お呈茶ありがとうございました  
 
花まつりがありました
2016-05-27
しばらく更新が途絶えておりました。
気が付けばもうすっかり夏の陽気。
新入生9名を迎えて春学期がスタートし、
4/29には「開学60周年記念式典」(及び逸外記念図書館耐震改修工事・光徳禅文化棟改築竣工式)
が盛大に行われ、
本年度の学校案内パンフレットも完成しました。
 - - - - -
5/25(水)、花まつり(降誕会)がありました。
今年の花飾りは学生さんが花も摘み、頑張って飾りました。
 
 
岐阜医療科学大学と協定締結しました
2016-03-10
岐阜医療科学大学(関市市平賀)と、教育連携協定を結びました。
3月8日、医療大学の間野学長方にお越しいただき、調印式を行いました。
医療と仏教、双方を学び、心も体もケアできる人材が多く育つよう、
今後協力していく予定です。
 
協定校であるあじさい看護福祉専門学校さんとは、
生徒さんに研修に来ていただいたり、本学学生が講義を受けに行ったりと、交流が続いています。
岐阜医療科学大学さんとも、良い交流が生まれることと期待しています。
 
※画像は2016.3.9岐阜新聞掲載記事です
 
学祭実行委員会がお礼状をいただきました
2016-02-29
大学祭模擬店での売り上げの一部を、学生一同が話し合いの結果
美濃加茂市へ寄付することに決まり、
2月3日に学祭実行委員が市役所へ持参しました。
2月9日付で美濃加茂市よりお礼状を頂きました。
だいぶ遅ればせながらではありますが、ご報告します。
市政のほんの枝先ぐらいには、お役に立てていただけるかと思います。
 
学生さんは春休み真っ只中ですが、
今日は雨で、空は冬の色です。
事務局ではまだまだストーブのやかんが湯気を立てています。
 
 
春学期卒業式がありました
2016-02-17
2月15日(月)、平成27年度春学期 第60回学位授与式が行われました。
第60回、最初の卒業生を送り出してから60年となり、
学長が式辞にてこれに触れられました。
 * * *
60年は「還暦」、ひと回りして元に戻ること。「原点に返る」ということ。
正眼短大を卒業して、これからの人生で問題が起きるかもしれない、壁に当たるかもしれない。
そういう時はここで学んだことに立ち返り、
進むべき方向を見出してほしい。
 * * *
今回の卒業生は5名、卒業後は僧堂掛搭、就職、社会活動と、それぞれの道へ進みます。
学内にインフルエンザが出ていましたので、ご来賓の出席はお断りし、
報恩の会(謝恩会)も中止となってしまいました。
いつものように送り出すことはできませんでしたが、
5名の卒業生の思い出は、後輩たちとスタッフの中にしっかり残っています。
また元気な顔をお土産に、短大に遊びに来てくれると嬉しく思います。
 
 * * *
学位授与式に先立ち、観音像の精抜き法要がありました。
禅堂が新しくできるので、そちらに移動するためです。
今年度は工事の関係で、大般若などの法要をいろいろ見ることができました。
 
 
 
<<学校法人正眼短期大学>> 〒505-0008 岐阜県美濃加茂市伊深町876-10 TEL:0574-29-1372 FAX:0574-29-1320